ホーム » 人気商品 » ベスト商品レビュー » 車のサブウーファー » 最高の車のサブウーファーとアンプ2019–トップピックとレビュー

最高の車のサブウーファーとアンプ2019–トップピックとレビュー

車両にはサブウーファーが付属していませんが、いくつかの場所で購入される可能性があります。 すべての自動車は音響的に異なり、車両を見つけると、受け取ることができる音についてより明確なアイデアを提供できるようになります。 個人的に車に最適なものを確認するには、スピーカーと潜水艦に関する記事をよく見るか、CircuitCityのショップに来てください。

多くの人は、スピーカーを頻繁に置くことができる場所について非公式であり、実際には古代人が適している場所にスピーカーを置きます。 正確には、さまざまな種類のスピーカーがリーチごとにグループ化されています。 これは、実際には、多数のスピーカーをXNUMXつのアンプに接続する方法です。

電気を減らす必要があり、ブームが増えますが、チューニングするのが本当に難しいです。 今、あなたはより多くの電気を持ちたいと思っています。 現時点では、あなたは小さな能力を持っています。

車のサブウーファーとアンプの特徴

そうすれば、自動車のエンターテインメントシステムに真剣に取り組む必要がある場合は、機器を保護することが保証されます。 一度にsetAを完成させたい場合は特にオートサウンド方式の組み立てに費用がかかるので、コストを気にせずに最高のアンプやスピーカーを選ぶことができるように、自動車のサウンドを取り置きするのが賢明です。鬼ごっこ。 ステレオデバイスとは異なり、カーオーディオの方法では、車の動きと音がさらに大きくなるため、操作するための追加の機能が必要になります。 あなたの自動システムがその可能性に達していない場合、それはアンプの不足のためかもしれません。 完全な車両ステレオシステムを取得するには、追加の問題があります。

車のサブウーファーとアンプについて学んだほとんどすべてが間違っている理由

低音が周波数を最小化するために集中することにより、所有するスイープが減少します。 自分のサブウーファーに適したエンクロージャーがない場合でも、低音全体が配信されることはありません。 あなたの音全体は、あなたが持っていることを確認する必要があるために、すぐにあなた自身のトースターを通って移動します。 費用を抑えれば、すばらしいオーディオを見つけることができます。

車のサブウーファーとアンプについて気に入らないこととあなたがすること

最高の車のサブウーファーとアンプ


スピーカーを大きくする方法として、アンプが必要なサブに電力を供給する手段であるアンプが必要になります。カーステレオでやりたいことはすべてアンプが必要になります。 車両のアンプを船内または自動車の地面に取り付ける場合は、ぶつけたり穴を開けたりするパネルの側面が何であるかを正確に把握する必要があります。 アンプはぴったりとフィットする必要があります。 とは言うものの、サブウーファーに搭載されているものだけを出力できるアンプを入手するのが賢明ですが、簡単にしましょう。 より安価なアンプだけがTHDスコアを持っています。 さらに、r capre-outのグループを1つだけ持つ可能性のあるマインドユニットに追加のアンプを持ち込むことができます。 それは比例してかなりコンパクトで、かなり素晴らしいアンプです。

秘訣は、アンプは可能な限りバッテリーの隣で機能する必要があり、呼吸領域のボリュームが必要であり、もちろんより安全である必要があります。 大多数の個人は、サブウーファースピーカーシステム内にパワーアンプを追加する場合があります。 あなたが得ることを確認するために分割払いエリアを評価しないでください。 アンプは入力信号を運び、それが見えるようにその能力を高めるように作られています。 車両のアンプは最適/最適な選択です。アンプからより多くのパワーを見つけることができるため、サウンドはよりクリーンであり、エネルギーブースターだけから逃れることができます。 自動車のステレオプロセスで適切なカーオーディオアンプを選択することは、生成される可能性のある最も重要な決定の1000つです。 XNUMXワットのアンプは重くて大きいです。

すべての飛行にそのような問題はなく、サブウーファーに採用されています。 サブウーファーは本当に大きくて強力なので、あなたは多くの誤用に逆らうかもしれない円錐形の材料を真剣に必要としています。 あなたがこれを終えたらすぐにあなたのサブウーファーは自動車の電気にインストールされるべきです。 その後、さらにコンパクトなサブウーファーに注意する必要がある場合は、最高級の10インチサブウーファーに関する私の投稿をご覧になることを強くお勧めします。

遅かれ早かれ、それはあなたがサブウーファーから逃げたいと思うものに影響されます。 サブウーファーには、XNUMXインチのさまざまなサイズがあります。XNUMXインチまで。サブウーファーを組み込まない場合は、オーディオの完全な選択を見逃してしまいます。 サブウーファーの追加を計画している場合は、アンプの追加を計画している場合に備えて、少なくともXNUMXセットのプリアンプワークアウトが必要になります。

この投稿を評価
1スター2スター3スター4スター5スター (2 投票、平均: 3.00 )5のうち
読み込んでいます...

シェア