電子レンジの選択。 ヒントとアドバイス

電子レンジは、一見、それは家電製品の最新の品種の一つに見えるかもしれません。 しかし、これはそうではありません。 電子レンジは独学1945にアメリカの学者によって発明されました。 簡単な計算によって70年より、本発明の詳細を推定することが可能です! 最初は、この技術は、その高いコスト(以上$ 4,000。)と、かなりの大きさの私たちには大きなレストランや食堂で使用されました。 半世紀後、電子レンジは、その現在の形をとっている - サイズが減少し、追加機能を取得し、すべての種類の数は、すべての考えられる制限を超えています。

そのため、多くの人々の前に電子レンジの選択に直面。 男は、多くのフォーラムやレビューを読んだ後、単に別のブランド、種類、機能のすべてこの品種で失われます。 この記事では、これは明らかに構造化し、電子レンジの利点と危険性についての情報を提出し、適切なモデルを選択する上で実用的なヒントを提供し、製品の具体的な推奨事項は表示されません。

有害なマイクロ波かどうかそう?

電子レンジの危険性についての神話は、米軍の軍隊のランクに登場し、その後、米国の一般市民に広がり、後にロシアインチ 実際には、最初のストーブは、健康のために非常に危険だった - 近くだった人を継続して使用して、鼻からの出血、偏頭痛を持っていました。 過去20-30年のための現代の電子レンジは、内側に特殊な保護フィルムの形で高周波放射から保護されています。 このフィルム・ネットワークは、マイクロ波放射を送信し、密閉扉を持つ人々のための完全な保護を提供しません。

この技術の安全性を確認するための簡単なテストがあります。 、スマートフォン内のマイクロ波を入れて、それを閉じて、この携帯電話に通話をしようとするのに十分な。 それが失敗した場合は、オーブンは、優れた保護機能を有することを意味します。 それ以外の場合、この製品を購入することが明確に価値はありません。

トップ5ベストマイクロ波から選択

電子レンジは、私たちの時間を節約するだけで家電製品ではありませんが、また、私たちの健康を気に! 彼女のおかげで、すべての有用なビタミンや微量元素の惣菜。 世界保健機関()は、電子レンジ調理の環境に優しい方法であることを証明しました。 次はあなたが注意を払うべきでパラメータです。

購入の予算を定義する必要があります。 平均価格は100〜200ドルです。 これらの電子レンジは、価格/品質の比で最適であり、ほとんどのユーザーにとって十分な機能を備えています。 より高い価格カテゴリのモデルは、増加した電力と追加機能(調理プロセスのプログラミング、グリルの存在、温度設定値など)を誇っています。 安価な電子レンジは、通常、機械的な制御と限られた数の機能(霜取りまたは食事/食品の加熱)を備えたシンプルでわかりやすいデザインになっています。 したがって、このようなモデルの価値はXNUMX倍低くなります。
選択の重要な要因は、チャンバの内部容積です。 それはあなたが一度再加熱することができます料理の量に依存します。 例えば、一人二人12-14リットルの範囲の体積、との十分な内部空間である - 17-21 L.についてのあなたの家族が3-5人を超えている場合には、またはあなたが頻繁かつ大量に調理することを計画し、その後、30リットル、より多くの量で炉を見てください。

電子レンジの力。 今日のオーブンでは、この範囲は400〜1700ワットです。 家庭での使用には、700〜900ワットの容量の電子レンジで十分です。 この指標から、あなたがどれだけ良くて速く暖まるか、料理ができるかに依存します。 もちろん、その電力はチャンバーの内部容積に匹敵し、容積が小さいほど電力は低く、逆もまた同様です。

カメラの内側のコーティング - これは、洗浄性と耐久性の容易さに影響を与えます。 メーカーは、内部コーティングの主に3つのタイプを使用します。
耐熱エナメル。 紛れもない利点が簡単に洗浄し、温度変化に耐える能力の可能性があります。 短所:短い人生、内側のエナメル食器を損傷しやすいか、ブラッシング。

ステンレス鋼。 これは、鋼や外部変形することなく、非常に高い温度に耐える能力の高強度のために非常に信頼性の高いカバレッジと考えられています。 唯一の重大な欠点は、表面の強い汚染と考えられ、これより慎重必要になります。このコーティングを施したマイクロ波の世話をすることができます。

バイオセラミック。 信頼性、容易なクリーニング、長寿命:バイオセラミックコーティングは、最初の2つのコーティングの主な利点を兼ね備えています。 価格、炉の伝統的なコーティングよりも2倍よりも一般的に高い - 唯一の重大な欠点はコストが高いことです。

製品の最終コストで便利な効果に加えて、制御型マイクロ波。 機械的および電子的:2種類のみを発見しました。 タッチ・コントロールとその類似体よりも通常より安い機械制御と電子レンジ。

機械。 かなり信頼できると考えられています。 15つの回転ハンドルで構成されており、周囲にマーキングがあり、電力と調理時間を担当しています。 この種の規制を備えた一部の炉は、20〜XNUMX年間「稼働」しています。

電子。 プッシュとタッチに分け。 コンサルタントは、しばしば彼らのより高い信頼性のボタンのオプションの電子レンジを示唆しています。 彼らは、より現代的なお手入れが簡単ですので、しかし、実際には、消費者は、タッチコントロールで電子レンジを購入する傾向があります。
追加機能。 電子レンジを購入した多くの人々は、このデバイスの機能の一部のみを使用しています。 そして、正当な理由のために。 現代の電子レンジは、ヘルパー関数の数を持っています。 その中で最も一般的なのは、次のとおりです。

グリル機能。 標準の調理法に非常に有用な付加。 いくつかの炉では自動グリルプログラムを満たし、製品の重量を特定するのに十分であるとストーブ自体は黄金とカリカリになるまで肉を炒めます。

統合されたパン製造。 ロール、パン、ビスケット、マフィンを焼くことができ、一部のモデルでは生地をこねることもできます! 便利な点は、アプリにレシピブックが付属していることです。レシピブックには、炉の技術的特性があり、パンを作るのに最適な組成が提供されています。 これは、レシピがすべて明確で理解しやすい項目化されているため、実験する必要がないことを意味します。

内蔵汽船。 蒸しは、すべての健康栄養ビタミンやミネラルの保全と製品を準備することが可能となります。 これは、小さな子供を持つ若い家族のために特に当てはまります。
機能「スチームクリーニング」。 表面の柔らかい「剥離」による内面の洗浄を促進するため。 この機能を有効にした後は、湿らせたタオルの内側の面で拭いてから乾かしてください。
「臭気除去」機能。 名前が示すように、その使用後の機能は調理済み食品の臭いを中和します。 次の調理食品は臭気を吸収しません

インバータ技術。 高いため、コストと生産の複雑さの生産者の数が少ない時に使用。 この分野のパイオニアは日本企業パナソニックあります。 インバータは、少しの電力を消費し、即座に、高品質の食品を加熱します。

蒸し器、パンメーカー、電気ストーブ、オーブン:このリスト、彼らはキッチン家電の多様性を置き換えるために使用されている炉内の関数であっても、少数からわかるように。

ロケーションのタイプ。 電子レンジを購入するときは、それがどこでどのようになるかを検討してください。 ビルトインオーブン(キッチンの使用可能なスペースを節約できますが、コストが高くなります)または通常の「自立型」(組み込みよりも安価で、移動が容易な場合)を購入できます。 専門家は、胸部に電子レンジを設置することをお勧めします。安全で便利です(使用する際に伸縮したり曲げたりする必要はありません)。

一般的な実用的なヒント

合理的な電子レンジを選択してみてください。オフィスで電子レンジを購入する場合、「不必要な」機能を備えたオーブンを購入する必要はありません。機械式スイッチと低容量の安価なモデルのXNUMXつです。 家庭の人数、調理する食物の量に基づいて家庭用の電子レンジを選択するとき。 キッチンを飾るのと同じカラーパレットでオーブンを選択します。 頻繁に大量に調理する場合は、「AutoPower」機能のある電子レンジを探してください。 これらの電子レンジはあなたに多くの時間を節約します。

付属いくつかの電子レンジは、モデルに直接食品を調理するに関する推奨事項とパンフレットです。 あなたが前に持っていた炉は、単に異なる特性を持っており、現在のモデルでは、より現代的なもの、より完璧な料理(時間、消費電気量)を提供することができる可能性があるので、怠惰にして、これらのヒントを学ぶないでください。

別の売り手(大国籍企業と小規模な地方の両方)からの同じモデルの価格が大幅に異なる場合があります。 だから、コストの%を30まで支払うことよりも、あなたのための最もコスト効果的なソリューションの検索では、余分な時間半を過ごす方が良いです。 、家電を販売するリサイクルプログラムを持っている多くの店は、コンサルタントに依頼することを躊躇しません。 古い電子レンジは、あなたは%オフ50まで新しい割引を作ります! 、良い量を同意します!

この投稿を評価
1スター2スター3スター4スター5スター (2 投票、平均: 4.50 )5のうち
読み込んでいます...

シェア