ホーム » の仕方... » 子供を教えるためには何が必要ですか?

子供を教えるためには何が必要ですか?

すべての親は、子供が自分の生活を大きく促進し、多くの困難や問題を取り除く最も重要なスキルと知識を持っていることを夢見ています。 しかし、時には母親や父親は、子供に伝わる最も必要なスキルや知識を自分で定義することができません。 可能な限り、そして自由な時間があるときは、大人は基本的な衛生、栄養、社会における行動のルールを子どもに教えようとします。 しかし、あなたがたまにそれを行うのであれば、子供はこの知識の少なくとも半分を記憶しておくことはまずありません。 その子供たちは本当に人生のために学んだもので、両親は自分の子供に規則を説明するだけでなく、子供にこの情報を教えるための時間を割り当てる必要があります。

これは、情報をブロックやステージに転送するために必要な破壊に貢献します。 もちろん、思いやりと愛情のある親は、あなたが必要とするすべてを子供たちに教えようとしますが、彼らはしばしばそれをあまりにも厄介にし、短期間に子供の脳のより大きな情報の流れに適合しようとします。 したがって、赤ちゃんの脳に過負荷をかけます。 新しい知識やスキルをより効果的に吸収するには、情報を一貫して分割する必要があることを忘れる必要がないためです。

子供の教育については自由な時間が必要でした。 それは気が散るので、子供が部外者のようなプロセスに従事していなかったことは重要です、そしてそれは彼自身が学ばないことは新しいことではありません。 このプロセスは、毎日一定の時間で行うことができます。 また、子供の休日と一致する両親の休暇を学ぶのに理想的です。 この期間中、家族はコミュニケーションをとるユニークな機会があり、その結果、赤ちゃんは多くの新しいスキルを習得することができます。 どんな気晴らしであっても、子供たちが何も心配していないときは、リラックスした雰囲気の中でコミュニケーションをとるべきであることに注意する価値があります。

だから、あなたは子供を教えるために何を必要としていますか?

まず第一に、幼児を教える必要があります:

1。 他の人や動物に共感すること。

2。 彼の時間を適切に処分する。

3。 自然を尊重する。

4。 右に食べる;

5。 楽観的な世界観。

共感

子供のために、すべての存在に感情を抱かせることができ、異なる状況で誰が何を感じるのかを理解することは非常に重要です。 子どもの道徳的発達は、共感する能力を発達させなければ、絶対不可能です。 あなたは泣いている同輩に息子や娘を注意を払うことができます。 子供自身が同僚に接近して何らかの形で励まそうと思えば - すばらしい。 もしそうでなければ、同じ年齢になるように子供に提供したり、遊ぶために何かを提供したり、キャンディーやおもちゃを分けたりすることができます。 しかし、人々と共感できるようにすることは、その話の一部にすぎません。 動物に対しても同情を示すことができることは同様に重要です。 これを行うには、赤ちゃんが街の猫や鳥を餌にすること。 それにもかかわらず、迷子になった動物には、完全に健康ではなく、赤ちゃんにとって危険ではないので、触れられない動物は触れられないように伝えるべきです。

自分の時間を正しく割り当てる能力。

あなたはそれが他の誰かを作ることを期待して遅れるのではなく、親の要求に従うように子供に教える必要があります。 やっぱり、愛する子孫からおもちゃを外すというリクエストが何度も聞こえてきます。「お母さんに来て、あと5分遊んで、外されます」。 子供が過度に柔らかくなるので、彼が月にわずかXNUMX分を要求した場合、彼はXNUMX時間を要求することを覚えておくことが重要です。 子供たちは両親を感じます。あなたの年齢で、あなたは彼らの能力の限界を理解しようとして、水をテストすることができます。 子供たちは、どれだけそれを乗り越えれば、親戚を操り始め、果てしない愛を乱用し、愛する子供を拒否することができなくなります。それは、これらの問題に単純に、子供自身にとってより良いことが望ましいからです。 その上、子供は時間を理解し、正しく分配することを学ぶ必要があります。

自然に対する態度

子供の頃から、子供はすべての生き物が自然の一部であることを理解する必要があります。 すべての人々はそれから切り離せません。 ですから、それが悪い性質であるならば、それはすべての人々にとって悪いことになるでしょう。 それが赤ちゃんに影響を与えるかどうか、子供にパークキャンディーラッパーを残すように頼むだけでは、しばらくの間だけでは十分ではありません。 子供たちはあなたができることとしてはいけないことを理解するだけでなく、規則を破った結果を知る必要があります。 もちろん、XNUMXつの家族がすべての環境問題を解決できるわけではありませんが、親が子供に自然への敬意を植え付けることができれば、害が少なくなり、新しい世代が環境にもたらされ、環境問題の量を減らすことさえできます。

この場合、子供の搾取から尋ねる必要はありません。弁を水でしっかり閉め、ゴミ箱にのみゴミを投げ込み、潅木と木の葉から摘み取るよう教えるだけで十分です。 それはとても簡単なので、子供はすでに自然の保護に貢献しているからです。

適切な栄養

非常に幼い子供たちは、両親から与えられたものだけを食べます。 はい、彼らはすりおろしたカボチャやキャベツのシチューを食べることを拒否することができますが、有害なソーダを自分で購入したり、胃炎や肥満チップを引き起こしたりすることはできません。 年長の子供たちは、自分でジャンクフードを買う機会があります。 有害な食べ物を食べたいという欲求を打ち負かす方法は? 実践が示すように、幼い頃から、人々は両親や最も親しい友人の輪からの食習慣を採用しています。 したがって、最初の親はジャンクフードを食べる習慣を取り除き、その後になって初めて、愛する子供が正しい食事の習慣を教え込む必要があります。

お子様に美味しくて便利な商品を提供することが重要です。 それは、熟したスイカ、新鮮なオレンジジュース、または甘いタンジェリンのように非常に便利です。

楽観

親は息子や娘の性格の形成に影響を与えることができます。 出生時にすでに存在している性格のいくつかの性質が、それらは発達するかしないかのどちらかです。 だから、例えば、子供の頃から子供の楽観主義を育むために。 あなたはどんな状況でも子供たちに何か良いものを見るために、落ち着いたすべての出来事を知覚するために、心配しないでそして無駄に心配しないように教える必要があります。 たとえば、生徒が学校にブラックマークを持ってきて、これを心から心配している場合は、必ず落ち着かせてください。これはマークにすぎないことを説明してください。少しの努力で修正できます。

あなたは覚えておく必要があります:子供はまず両親に目を向けます。なぜなら、両親自身が従わないルールを子供たちに教えることは意味がないからです。 したがって、何か息子や娘を教えるためには、まずそれを両親自身で学ばなければなりません。

この投稿を評価
1スター2スター3スター4スター5スター (1 投票、平均: 5.00 )5のうち
読み込んでいます...

シェア